Home » お客様インタビュー 富山市西島様 

お客様インタビュー 富山市西島様 

外壁塗装リフォーム:株式会社 笑顔の家 お客様インタビュー富山市西島様

今まで電話して「すぐ」ということはほとんどなかったけど、辰尾さんは、すぐいらしてくれたから、信用できたのかな
ガイナ・・・塗料で節電中です!

今回は、ガイナ外壁塗装をしていただいた西島さんに伺いました。

笑顔の家でガイナ外壁塗装をしていただいたんですが、ガイナ外壁リフォームをされたきっかけはなんですか?

西島:外からみても3本くらいひびが入ってたでしょ。訪問販売の人が来るんですよ、何回も。ホントにあんまりにもしつこいの、4,5年前から。多分、瓦がゆがんでいるとか、それで、壁がおかしくなったんですよとか。
私としては、今が外壁を直すチャンスかなと思っていたときに辰尾さんのチラシが目にとまって電話したの。
でもまだ主人が亡くなって1年も経ってないもんだから、「あら、もうそんなことしたの?」と近所から言われて「えー」と思ったけど。そんなことは関係あるの?

-いえ、関係ないと思いますよ。

やっぱり近所の人から言われたりとかで

笑顔の家の辰尾にガイナ外壁の工事を依頼するまでに迷われましたか?

西島:やっぱりガイナ外壁の工事は、お金が高いから、迷ったけどね。

そういえば他社さんが、「お風呂の工事と外壁塗装を2つ一緒にしたら、○○○万円にするよ。」
と言うから、どうしようかと思ったけど、一応、私が風呂だけにしようと言ったら、他社さんはまだ何も言ってこないの。
お風呂だけだとイヤだったのかしら?

-他社さんの名前は控えますけど、他者さんの見積もりが入っいて、ものすごく高い見積もりだったんですね。それで、うちに1回見てもらおうかとお電話してくれたんですね。ありがとうございます。

「笑顔の家にしようと」、決め手となったきっかけというのは。

西島:他社さんは、電話しても、2日しても3日たっても10日ぐらいしても連絡がなかったりするのよ。今まで電話して、すぐ、ということはほとんどなかったんですよね。

だけど、辰尾さんは、すぐいらしてくれたから。だから信用できるのかな、と思ったんですよ。

他社さんはホントに4,5日してからだったから。2回ぐらい電話した時、「今、その辺りを回っているから、夕方また来ます」と言われ、やっぱり電話していち早く返事とかを聞きたいのに・・・

辰尾さんはすぐ来てくれたから、それが決め手かもしれないですね。

じゃあ、実際に辰尾とガイナ外壁の工事を契約していただいて、実際にガイナ工事が始まってみたら、どういう感想をお持ちでしたか?

西島:やっぱりガイナ工事が始まるまで心配でしたね。「途中で抜けられたらどうしよう」とか。だから出来上がったら、「良かったわ」と思ったわ。

-その間、診断書を作って・・・診断書に関しては、どう思いましたか?

西島:あれを見たら、やっぱり良かったわ。
   あれだけ細かくしてくれる人は、いなかった。

-他の業者さんは?診断書は作成してくれましたか?

西島:いえ、全然。(他の業者さんは)「全部で73坪弱になります。壁になると大きくなるから」と言われたんだけど・・・。60坪くらいだと思ったのに、「ああ、きっと窓の面積も入っているんだ」と思いましたね。

-うちは窓の面積は差し引きして、本当の壁の面積を出しているんですが、やっぱりそういった違いはありましたか?

西島:そうですね。ビックリしましたね。

あれだけ細かくしてくれる人は、いなかった。

辰尾に頼んで、一番、良かったことは?

西島:第一にお金が安かったことと、細かいところまで気を使っていただいたこと。

-ガイナ工事をして満足度としてはどのぐらいですか?

西島:まだ、10日ぐらいしか経ってないし・・・わからないですね。

-実験でも見てもらったとおり、ガイナの氷の溶け方とかあるんですが、それは夏場でも使い方によっては、夜の涼しい空気を取り込んでいただいて、日中閉めといていただければ、涼しい空気がずっと保てるので・・・(6月のインタビュー)

西島:温度計を買ってきて、朝方はうちの中は暖かいんですよ。外は23度くらい。

-昨日の暖かい温度を保っているんですよ。だから、逆に涼しい時に戸を開けておいて、日中に閉めておけば、日中は涼しい。冬は暖かく夏は涼しく、節電できますよ。冷暖房費は1/2~1/3節電できます。

西島:ここはいつもいい風が入るの、そっち側と玄関と。だから戸はいつも開けているんだけど。
でも、今朝開けたら、「あらっ?外の方が涼しいわ」と。雨が降ってたから。

ご親戚とか、他の方はどんな感想を言っていましたか?

西島:電話したんだけど、忙しいからと、まだ来ないのよ。

-近々見てもらってください。

西島:はい、見にくるといってましたから。ちょうど親戚が壁をぬる仕事をしていたから、「見に来て」と言ってあるんだけど。
辰尾さんとこの職人さんは、手で塗ってくれたし、若い人で頑張るのね。
それで辰尾さんとこの職人さんが「西島さん、この家を建てた大工さんは、いい仕事しとるね。いい大工さんに巡り会えたね」と言われたのよ。
「やっぱり一生の買い物だから、丁寧にしてもらって、いい大工さんに当たったね」と。
そういうことは全然頭になかったから、「あらー、見る人が見るとわかるのかな」と思ってね。

-やっぱり塗装職人というのは、もと作った大工さんの職人の腕とかわかるので。
ということは、うちの職人も気に入っていただいてくれたとか・・・?

西島:そうですね。
ことにそんな風に言われたら・・・すぐ近くの人だったんですよね。1人で全部建ててもらったんだけど。山生まれだから、うちの亡くなった主人の知人で、この近くの人で、若い人で○○さんという人で、この線路の向こうに住んでいたんだけど、「いやー、懐かしいな」と初めて挨拶に来られた時に話して、その人はいい大工さんだったな、と思って。今頃気づいたんだけど。

親戚の人に褒めてもらって「あらー、見る人が見るとわかるのかな」と思った。創りから見たら、丁寧な仕事はしてありますね。ただ、○○ホームさんというメーカーの大工さんだったと思うので。

西島:あの人はほうぼうの工務店に行ってたんだけど、みんなと気が合わなくて、1人で仕事をしていた、と。ホントに良かったな、と思って。「一生に一度の買い物なのに、変な大工さんにあった人もいるからね」と、(職人さんと)話してたんですよ。だから、良かったな、と思って。

-うちの職人はお父さんと息子と兄弟の3人でやっていて、やっぱり頑固なお父さんなんですよ。だから、見るところを見てやっていて、その後何度も検査したけど、塗り残しとかペンキを薄めたりとかはいっさいしてなかったので。
それは安心していただいていいと思います。

西島:ありがとうございました。それを聞いて安心しました。

-せっかく亡くなられたお父さんも、家を建てるというのは、生涯かけての一大事業ですから。

西島:小さい家をやっとの場所に買ったんだけど、この子が学校行くようになると、前は駅まで歩いて35分くらいかかるから遠いので、ここを買ったんですよ。今は、千里駅まで3、4分くらいなので。

-お風呂の工事をする他業者さんはまだ連絡がないというのは本当ですか?

西島:ホントにこっちから電話しようかな、と思って。来月の3日から工事開始と聞いているから、3日に来るのか? と思って。来なきゃ「前に渡したお金を返して下さい」と言おうと思って。
でもちょっとくらい電話をかけてきてもいいのにね。先にお金を持って行って!!

-そうなると、お風呂は使ってない状態なんですか?

西島:いや、使ってますよ。お湯は出るから。

-もうちょっと出会いが早ければ・・・

西島:そうですね。今頃はもう出来上がってしまってるでしょうね。

-もう、出来上がっているどころか、塗装をやりながらお風呂は終ってますもん。

西島:何にも言ってこないからおかしいな、と思ってね。
金のトイレを展示しているとか何とか言っててね。テレビでやってましたよ。
そんなもの、何になる、と思うけどね。ホントにビックリしましたよ。

-今日はホントに短い質問だったんですけど、長い間ありがとうございました。

細かいところまで気を使っていただいたことが良かったわ

ガイナ・・・塗料で節電中! 塗装・防水・張替えでガイナを選ぶ人が増えています。

 

富山県(富山市.高岡市.砺波市.滑川市)外壁塗装リフォーム:笑顔の家